みぞぐちクリニック BLOG

2014年6月22日 日曜日

漢方の勉強会~ストレス社会への解答を求めて~

昨日のアジルバの研究会のあとは、久しぶりに心斎橋のサウナでマッサージを受けてきました。

開業してから電子カルテを毎日のように見つめていますので、週末には
眼精疲労と側頭筋のコリが尋常でなくなってます。
診療時間内は夢中ですから疲れも感じませんが、カラダには相当ストレスが加わっているのでしょう。

普段は自分でツボを押したり、頭皮マッサージをしていますが、やっぱり十分改善はしていません。

1か月に1回ぐらいはプロにマッサージしてもらって、肉体と精神を完全にリセットしています。
おかげで、今日の朝はすこぶる快調でした。



ですが、まだまだ医師として発展途上、一生勉強しなければならない若輩ものですから、日曜日と言えど、興味あるレクチャーは参加しています。

本日は、ご高名な織部和宏先生が大阪で講演をしてくださるとのことで、行ってまいりました。

お題は「ストレス性疾患と漢方」です。

私のクリニックにも、「心の疲れ」を感じて多くの患者さんが来院されます。
なかには、近隣の心療内科でもらった内服薬が副作用で飲めなかったり、効果が今一つであったり、西洋薬そのものが飲みたくなかったりする患者さんもいらっしゃいます。
そんな患者さんには、証をとりながら、相性のよいと思われる漢方薬からおすすめしています。

もちろん、漢方薬だけですべての患者さんの症状を治療できるわけではありませんので、決して漢方薬のみで押し通すことはしません。

私のスタンスは、「マイルドな精神薬と漢方薬をハイブリッドさせる」というものです。

今回のレクチャーでは数々のヒントを頂きました。
さっそく明日からの臨床に役立つことでしょう。












 


 

投稿者 みぞぐちクリニック | 記事URL

2014年6月21日 土曜日

アジルバの勉強会に参加しました。

     

土曜日の夕方から大阪国際会議場で、高血圧薬である「アジルバ」の勉強会に参加してきました。
武田製薬の商品ですが、いままでの主力であった「ブロプレス」に代わって、いまこの降圧剤に力を入れているようです。
この手の勉強会は、我田引水の感が否めないことが多いのですが、こ「アジルバ」はそうでもなさそうです。

おすすめのポイントは、

①降圧作用の持続時間が従来品に比べて長い。
②組織への薬剤移行性が高く、降圧効果以上の動脈硬化予防が期待できる

気になる薬価は、ブロプレス8mg(ほとんどの患者さんがこのmg数です)とアジルバ20mgがほぼ同じの1錠140円です。
3割負担の患者さんで42円/日。1か月で約1300円弱。処方料、処方せん料などを入れても、通販のサプリメントより安いかも知れません。

「薬価は高い」とは言いますが、実は1錠が缶コーヒーの半分以下の値段です。

1日50円以下で済むのなら、効果のはっきりしない市販のサプリを飲むより、しっかりと血圧を下げて動脈硬化を防いでくれる降圧剤を飲んでいくことは、決して無駄なことにはならないでしょう。

「人は血管から、老いる」

とよく言われますが、まさしくその通りですから。






 


 

投稿者 みぞぐちクリニック | 記事URL