みぞぐちクリニック BLOG

2015年5月 6日 水曜日

岡山に帰省してきました。

pic20150506174333_1.jpg

pic20150506174334_2.jpg

この連休に実家の岡山に数ヶ月ぶりに帰省してきました。
今年89歳になる母親が一人暮らしに住んでいますので、その様子伺いに行ってきました。
ちょうど、デイサービス中だったので、そこでの食事中にお邪魔してきました。
周りを見渡してみると、白髪のおじいちゃんおばあちゃん然とした方が多い中、我が母親の89歳には見えない姿を確認できて、少しばかりホッとしました。
記憶力の低下は否めませんが、まだまだしっかりしてますので、当分一人暮らしも大丈夫でしょう。
30年後には更にこういった独居の高齢者が増えるでしょうから、我々にとってもこういった高齢者福祉サービスの充実はとても重要な課題です。
ただし、我々の利用する頃はもっと雰囲気が変わっているでしょう。
もっとオシャレで、気の利いたアクティビティーも増えているのではないかと思いますし、そうなって欲しいと思います。
将来、みぞぐちクリニックが更に発展して、こういった福祉の仕事に携われるようになれたら、理想の高齢者向けの「癒しの空間」をプロデュースしてみたいです。
夢は膨らみます。

投稿者 みぞぐちクリニック | 記事URL

2015年3月 8日 日曜日

4月以降、木曜日午前診のみ休診といたします。

ブログで休診のおしらせもどうかと思いましたが、いろいろと考えることがありまして。。。。

この1年6か月の間、遮二無二走ってまいりました。

新参者の開業医ということもあり、皆様に認知していただきたい一心で尽力してきました。

龍華町、亀井町、跡部本町、跡部北の町、南久宝寺を中心とした地域のみなさまに喜んでいただけるようにと頑張ってきました。

小児科ワクチン接種も、パパとママが一緒に来ていただけることができるように、土曜日の午後に設定をしました。

美容皮膚科も、仕事休みの女性が時間を取れるように、隔週ですが土曜日午後にも設定をしました。

そして、開院以来のスタッフも頑張ってくれました。

残業時間も長くなり、家庭の時間と自分の時間を犠牲にして、私について来てくれました。

少数精鋭のスタッフといえば聞こえは良いですが、実は個人個人の並々ならぬ努力があってこそ達成できた現在のみぞぐちクリニックです。

私自身も、自分の力量以上にスピードを上げすぎていたかもしれません。

たとえてみれば、1600㏄の普通乗用車をちょっとチューンアップしたぐらいで、本格的なレースに参加してしまったような感じ。

周りからみれば、「あいつ、めっちゃ運転うまいやん!」と思われながら、実は運転している本人は腋汗べっとりで、ギリギリの状態だったりします。

そんな精神と肉体の状態で、周りがキチンと見えているかといえばそんなことはないでしょう。
見えてるつもりで見えてないこともあったと思います。

多くの開業医の先生方が、週の半ばに休診日を設けたり、半日にする訳が分かってきました。

普通の人間は1週間ずっと緊張感を持続させることが、かなり困難だと思います。

日曜日でもあまり外に行かないで、家でじっとしているならばまだしも、学会などへの参加も結構頻繁にあります。

スーパーな、アメイジングな、レジェンドなクリニックを目ざして、鞭をバシバシ打ちながら走ってきましたが、ちょっと息を抜く時間が必要かな?と思うようになりました。

スタッフにも今より少し心と体に余裕をもって働いてもらいます。

・・・というわけで、4月以降毎週木曜日の午前診を休診にいたします。

午後診は通常通り、3時半から7時まで受け付けております。


ただし、休診となっても私自身はいろいろとやりたいことが出てきそうなので、結局は休むことにならない気もしますが・・・・(笑)

しっかり充電できた後に、また午前診は再開するつもりです。

皆様、なにとぞご容赦ください。





















投稿者 みぞぐちクリニック | 記事URL

2015年3月 1日 日曜日

花粉症にケナコルトの筋注一発!・・・ってどうなのか??

今日から3月。強烈な寒さはなくなったようです。
でも、花粉症のみなさんにはいやな季節が始まりました。

私自身は、まったくアレルギー性鼻炎がないので大丈夫なのですが、定期受診の患者さんから「先生、花粉症の薬も一緒にお願いします。」と依頼されることが多くなりました。

例年は市販薬で何とかしのいでいた人も、薬代を考えると診察を受けて抗ヒスタミン薬をもらったほうがお安くなると知って、来院の手間はあるものの、クリニックでの処方を希望されるようになっています。
最近はジェネリック医薬品もあるので、さらに安価になります。

ただし、抗ヒスタミン薬(正規品ではアレグラ、タリオン、アレロック、クラリチンなど)は有効率60%前後です。
どの薬も10人中4~5人は効きません。

長く飲んでいるとそのうちに効いてくる、なんてことはありませんので、最初の1週間ぐらいで効果判定し、有効ならば継続、無効なら他剤に変更するのが、望ましいと思います。

内服はある程度効くけど、もう少し、というなら点鼻薬を追加することもあります。
水のような鼻水なら、抗ヒスタミン薬の点鼻で(リボスチン、パタノールなど)。
鼻閉ならステロイド入りの点鼻で(アラミスト、フルナーゼなど)

眠気を嫌うなら、漢方薬という手もあります。
まずは小青竜湯(しょうせいりゅうとう)です。
ただし、持続時間が短い印象がありますので、ツムラ製品ならば一日3回は飲まないと満足できないでしょう。

苦味は強いですが、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)という漢方もあります。
軽度に垂れる鼻水ならば、小青竜湯の裏処方である苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)もありです。
これは麻黄が入ってないので、胃腸虚弱者や高齢の方には適しています。

変わったところで、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)+五苓散(ごれいさん)というのもあります。
水毒(頭痛、下腿浮腫など)と胃腸障害(胃のつかえ感など)のある方には効果が期待できます。


そして、写真の「ケナコルト」というステロイド筋注する治療もあります。
一回40mgぐらいを筋注すると、約1か月ぐらい効果が持続します。
有効率は95%だそうです。
投与量の多少にもよるでしょうが、かなり効きますね。

「筋肉注射で花粉症が治った!」と患者さんがおっしゃるときは、まず間違いなく、この持続性ステロイドである「ケナコルト」を筋注されています。

京都のあるクリニックだったでしょうか?このケナコルトの注射のために、患者さんがわんさか押し寄せて、春先には交通整理のおっちゃんまで雇うような状況になるそうです。
うわさがうわさをよんで、大阪から通っている人もいるようです。

実は日本全国どこでも手に入るものなんですが・・・・

但し、この治療には賛否両論があります。

中身が「長期に持続するステロイド」ですから、結局はステロイドを毎日飲んでいるようなものなので、それなりの注意が必要です。(ケナコルト40mg筋注で、プレドニゾロン15mgを2~3週間内服するのと同等の血中濃度になる)

糖尿病悪化、副腎皮質の機能低下、顔が膨れる(満月様顔貌)、月経異常、皮下出血、感染症になりやすい、などなど、一般的に言われているステロイドホルモンによる副作用に注意する必要があります。

ただし、頻度的には満月様顔貌と月経異常は3~4%と多いものの、その他は0.1~1.0%と少なめではあります。

取り返しのつかない副作用というのは、そうそう出現しないという見方もありますので、そのスタンスに立てば、有効率が95%の素晴らしい治療ということになります。

「花粉症ごときに、ステロイドなんてキョウレツな薬を使うなんて!!」というスタンスに立てば、この治療は過剰医療ということになります。

とはいうもの、ケナコルトの適応症に「アレルギー性鼻炎」とありますので、ちゃんと健康保険適応なんです。

ただし、厚生労働省があまり積極的な使用を勧めていないこともあって、ケナコルトを使用しない医師が多いというのが現状です。

「もう、この花粉症、どうにかしてくれっ!」というくらい辛い方には、少々のリスクは覚悟の上で受けて頂いてもよいのかな、と私自身は思います。(当院では、希望される方には、リスクを説明の上で投与を考慮します。)

アトピーの治療を同じで、「ステロイドなんてダメだ!」と頭から否定しなくても、使い方に気を付ければ効果的だと思います。

ちなみに、この「ケナコルト」、少量(総量5mg程度)の局所皮下注で「円形脱毛症」の治療にも使います。
これはガイドラインにも記載されている有効な治療です。(当院でも行ってます。)


どんな治療でもそうですが、リスクがある治療はあらかじめ患者さんに説明が必要です。

そうした上で、
リスクを極端に恐れず、適正使用し、副作用の発現に注意し、患者さんにベストの結果を提供する」

これ、当たり前ですが、医師の役目だと思います。









 


 

投稿者 みぞぐちクリニック | 記事URL

2015年2月25日 水曜日

高濃度ビタミンCの点滴で美しく白い肌を!

pic20150225210555_1.jpg

当院でも高濃度ビタミンC点滴を始めました。25gでは美白効果、50g以上では抗ガン効果が期待できます。

ただし、25g以上の高濃度のビタミンCを点滴する際には注意点が1つあります。

G6PD(グルコースー6ーリン酸脱水素酵素)欠損症の方は、溶血をしてしまうので高濃度ビタミンC点滴ができません。

その酵素のスクリーニング検査のために、事前に採血をして検査をしておく必要があります。
この時点採血検査の費用は8,000円(税抜き)かかります。

高濃度ビタミンC 25gの費用は8,000円(税抜き)です。
約1時間かけてゆっくりと点滴していきます。

抗ガン作用を目的とした高濃度ビタミンC (50g以上)の点滴の料金については院長までお問い合わせ下さい。




投稿者 みぞぐちクリニック | 記事URL

2015年2月21日 土曜日

乳酸菌生成エキス「アルベックス」で絶好調!


今日は本物の予感がするサプリ、アルベックスのご紹介です。


詳しくは、みぞぐちクリニック「ドクターMのウエルエイジング日記で。
下記のアドレスをクリニック!

http://www.mizoguchi-clinic-antiaging.jp/blog/2015/02/post-3-36215.html
 

投稿者 みぞぐちクリニック | 記事URL